【フェンシング】江村美咲のwiki経歴や学歴(高校大学)!大分県出身ミス日本受賞者!

パリオリンピックのフェンシング日本代表で、ミス日本の受賞者でもある江村美咲選手。

強さとかわいさを兼ね備えた江村選手のwiki経歴や学歴(高校・大学)をまとめました。

スポンサーリンク
目次

【フェンシング】江村美咲のwiki経歴!大分県出身ミス日本受賞者だった!

プロフィール

名前:江村美咲(えむらみさき)
生年月日:1998年11月20日(2024年7月時点で26歳)
出身地:大分県
身長:170㎝
所属:立飛ホールディングス
趣味:音楽鑑賞

経歴について

江村選手の父親の江村宏二さんは、1988年ソウルオリンピックのフェンシング日本代表選手で、2008年北京オリンピックの日本代表監督、母親は1997年世界選手権大会の日本代表選手でした。

両親がフェンシングの選手だったということから、フェンシングを身近なスポーツに感じていた江村選手。

しかし、幼稚園の頃はユニフォームがどうしても好きになれず、始めるのは嫌だったそうです。

そんな中でも父親がやっていたフェンシング教室に通う兄の練習をよく見ていたことから、小学校3年生の頃に「フルーレ」という、相手の胴体を突いて得点を得るフェンシングの種目を始めました。

フェンシングには種目が3種類あり、江村選手が始めた「フルーレ」の他に、全身を突いて得点を得る「エペ」、上半身を突いて得点を得る「サーブル」があり、それぞれでルールや使用できる剣が違っています。

フルーレを始めたものの、最初はあまり楽しくないと思っていたそうです。

それでもなんとなく続けていたところ、小学校卒業直後のサーブルの大会での優勝賞品であったウサビッチのジグソーパズル欲しさに大会に出場します。

すると見事優勝し、優勝する喜びとサーブルのほうが楽しいという気持ちが芽生え、中学生になるとサーブルに転向しました。

中学校に入学してからはそこまでフェンシングに熱中しておらず「珍しがられるから続けている」と、小学生の習い事の延長のような感覚だったようです。

しかし、中学2年生の頃にJOCエリートアカデミーという、未来のオリンピック選手を育成する組織に所属している同学年の2人にフェンシングで負けてしまいます。

その2人は江村選手と試合をするまでフェンシング未経験でしたが、アカデミーが推していた運動神経抜群の福岡県から上京してきた2人であったので飲み込みが早く、最初は江村選手が勝っていましたが、あっという間に追い抜かれてしまいました。

そこで闘争心に火が付いて真剣にフェンシングをやり始め、高校入学と同時に同じJOCに入校します。

そして高校1年生の2014年にアジア選手権で準優勝し、2年後に控えていたリオデジャネイロオリンピックを目指しますが、選考でポイントが足りないという結果になってしまい、代表メンバーではなくバックアップメンバーとしてリオデジャネイロへ行きます。

そこでオリンピックを間近で見て、4年後の東京オリンピックへの決意を固めました。

帰国後はオリンピックの目標に向けて練習に励み、2017年のアジア大会とユニバーシアード競技大会で銅メダルを獲得、全日本選手権では準優勝します。

2018年のワールドカップでは個人で銀メダルを獲得、全日本選手権では優勝し、世界ランキングは7位まで上がり、オリンピックがどんどん現実味を帯びてきました。

そして2021年、念願の東京オリンピックに出場することができましたが、個人が13位、団体は5位という、メダルすらも取れない結果となり、悔しい思いをします。

よほど悔しかったのか、オリンピックが終わって他の選手が休暇に入っていたにも関わらず、江村選手だけは休まずに1人で練習をしていました。

しかし、オリンピックという大きな目標が終わったことによる燃え尽き症候群で精神的にも肉体的にも限界が来てしまい、2022年3月にやっと休暇を取り、2週間ほどゆっくり休んでやる気を取り戻します。

そして2022年の5月にチュニジアのハンマメットで開かれたワールドカップでは、日本の女子個人として史上初の金メダル、団体では銀メダルを獲得します。

さらに、同年の7月にエジプトのカイロで開かれた世界選手権でも、日本の女子個人として史上初の金メダルを獲得、団体では銅メダルを獲得します。

2023年のミラノで開かれたワールドカップでも個人で金メダルを獲得し、2連覇を果たしています。

オリンピック出場権がかかっていた2024年のベルギーで開かれたワールドカップでは、個人で銀メダル、団体では5位で、パリオリンピックへの出場権を獲得しました。

そして同年5月にオリンピックの代表選手に選ばれています。

パリ五輪金メダル候補者!

ワールドカップを2連覇している江村選手は、オリンピックの金メダル候補となっているようです。

身長が170㎝で手足も長く、相手との間合いを取り合って一気に仕掛けるロングアタックが得意、そしてこれまでに海外の強敵ともたくさん試合をしてきています。

金メダル候補者にはぴったりの選手ですね。

ミス日本受賞者!かわいすぎ!

江村選手は2023年ミス日本の「特別賞和田静郎特別顕彰ミス日本」に選ばれています。

ミス日本は自薦他薦を問わずに応募することが条件ですが、この特別賞は応募せずとも将来性のある美と健康の素晴らしい資質を持っている女性に送られる特別栄誉賞になっています。

ミス日本は「容姿」「教養」「心映え」が重視されており、もともとは戦後の物資不足だった日本にたくさんの食料や衣類を送ってくれたアメリカの「Licensed Agencies for Relief in Asia : アジア救援公認団体」に感謝を伝えようと、アメリカに女性親善使節を派遣することになり、親善使節にふさわしい日本代表の女性を選ぶために開催されたコンテストでした。

ここでアメリカに行くための親善使節に選ばれたのが、昭和時代の大女優、山本富士子さんでした。

そんな歴史あるコンテストで、しかも応募無しの特別賞に選ばれた江村選手、かわいいだけでなく、日本を代表する素質も十分ありそうですね。

ちなみにミス日本の歴代グランプリには、女優の藤原紀香さんもいらっしゃいました。

江村美咲の学歴(高校大学)!

出身中学校・高校は?

江村選手の出身中学は「板橋区立志村第二中学校」、出身高校は「大原学園高等学校」です。

高校入学時にJOCアカデミーに入校して本格的にフェンシングをやっていたので、高校は週1回の通学でも良い通信制の高校を選んだようです。

出身大学は?

江村選手の出身大学は「中央大学」で、学部は法学部です。

高校時代にアジア選手権大会で準優勝しているので、おそらくスポーツ推薦で入学したと思われます。

中央大学の法学部といえば、司法試験や予備試験の合格率が全国で3番目に高いことで有名で、法律家を目指す学生が多く在籍しており、卒業後は国家公務員や地方公務員になって国税庁や市役所で働いたり、弁護士や検察官を目指すためにロースクールへ進学する人が多いようです。

もしかしたら、江村選手も法律にはとても詳しいかもしれませんね。

まとめ

パリオリンピックのフェンシング日本代表でミス日本にも選ばれた江村美咲選手についてまとめてみました。

意外だったのが、小学生の頃からフェンシングをやっていたのに、オリンピックを目指すくらい本気になるまで時間がかかっていたことですね。

しかし、両親がどちらもフェンシングの選手であることから、高校時代にはサラブレッドと呼ばれていて、プレッシャーも多かったと思われます。

パリオリンピックでの活躍に注目です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次